いなべ市阿下喜で市神様を祀る六代続く魚屋
市神様

ご先祖様「伊八」が贈った灯篭

桑名市小貝須から、第二次世界大戦でいなべ市の阿下喜に疎開移住。
その時、桑名の家も菩提寺も焼けてしまいました。
1944年、今の地・阿下喜に店を構えました。70年近く昔のことです。

ご先祖様「伊八」が贈った灯篭

魚佐太の歴史は「お客様を思う気持ち」

昔の【魚佐太】は、時代劇に出てくるような天秤棒をか ついでその両端に桶を吊るしたスタイル。
丁稚(デッチ)さんを雇い天秤棒をかつがせ、お客様の元へ出向いて商 いをしていました。

当時の矢立てが残っております。(矢立て=筆が入った 携帯の筆記用具) 矢立ては、店内の【昔の器と剥[ム] きもの館】(いなべまちかど博物館)に展示しています。
また当時使用していた大正12年以前の器や古銭・昔の 剥きものなども展示しております。
是非お越し下さい。

松本家・田村家 家系図

魚沙汰

田村佐助
 魚屋だったかは不明。
 生没も不明。

田村伊八
 市神様に灯篭を奉った。
「魚屋伊八」と名乗り、桑名から阿下喜まで行商に来ていた。
 生:弘化三年六月十五日
 没:大正四年二月十四日

田村佐太次郎
 店長の大祖父

店を構えたのがこの時期ではないか?
 生:慶応元年四月十日
 没:昭和二十二年六月十六日

田村佐市
 定義の実兄
 生:明治三十年十月十日
 没:昭和九年八月三十一日

宮本定義
 店長の祖父
 生:明治三十九年四月八日
 没:昭和六十二年六月三日

宮本隆義
 店長の父親
 生:昭和八年四月四日

宮本浩義
 現店長
 生:昭和三十九年五月十二日

早く亡くなった田村佐市(祖父の実兄)に代わって、宮本家に養子に出ていた定義が魚佐太を引き継ぐ。

定義の母方の宮本家に跡取りが居なくて、定義が子養子に行き、魚佐太の跡を取った佐一が30代で若死にし、佐一の弟である定義が跡取りになった。 そのため、田村家が継いで来た「魚佐太」は宮本家が守ることとなった。

現在の魚佐太は元は田村家、今は宮本家が守っております。

六代目
六代目 宮本浩義 プロフィール写真
六代目 宮本浩義
  • 名称
    株式会社魚佐太
  • 電話番号
    TEL:0120-014-843   FAX:0594-37-2228
  • 設立
    平成9年
  • 代表者
    代表取締役社長 宮本 浩義
  • 事業内容
    鮮魚卸売・小売業
  • 所在地
    〒511-0428
    三重県いなべ市 北勢町阿下喜1012-3
仕出し料理 魚佐太の外観 いなべ市 三重県